新着記事

サービス・インフラ

IVS2024スタートアップ23社から学ぶAI・生成AIの活用法(KYOTO LAUNCHPAD & GenerativeAI Pitch)

IVS2024 KYOTOに登壇した23社のスタートアップから、日本のAI・生成AI活用の最新トレンドを探ります。物流、衛星データ、経営支援など多様な分野での革新的なAI応用事例を紹介し、日本のAIスタートアップの成功要因と今後の展望を分析します。
金融

金融大手のJPモルガンのAI/ML・生成AIの大量特許の展開戦略

JPモルガンは、AI/ML・生成AIの活用において業界をリードしています。同社は300以上のAIユースケースを実践し、1,975件の特許を取得しています。IndexGPTによる投資選択の最適化、人事領域でのAIによる偏見の排除、金融市場リスク予測へのAI技術の応用など、生成AIを戦略的に活用しています。JPモルガンのAI戦略は、CEOのJamie Dimon氏の強いリーダーシップと、規制当局との連携、適切なガバナンスの確立に支えられており、金融業界の未来を切り拓くビジョンを掲げています。
メーカー

ヒュンダイの生成AIチャットボットマーケと革新的な車両デザイン

近年、自動車産業は大きな変革の波に直面しています。電動化やコネクテッド化、自動運転技術の発展など、テクノロジーの進歩が自動車の在り方そのものを根本から変えつつあります。中でも、人工知能(AI)の活用は、自動車メーカーにとって競争力を維持し、...
サービス・インフラ

YC W24に採択された生成AI/AIスタートアップ90社

Y Combinator Winter 2024バッチには、エンジニアリング、ヘルスケア、金融など様々な業界を革新する90社のAIスタートアップが採択されました。独自のAIモデルを開発するCan of Soup、Infinity AI、Sonauto、SevnAIなどの生成AIスタートアップに注目が集まっています。本記事では、これらのスタートアップの取り組みと、AIインフラストラクチャーの発展、AIセーフティへの取り組み、そして今後のAI業界の展望について詳しく解説します。